健康志向の社会を作り上げた

健康を題材としたテレビ番組やブログなどが広まってきたことによって、健康に対する国民の意識は高まってきています。その結果として、タバコを吸うのをやめようと決意する人も多く、それをサポートするための禁煙グッズが開発されたり、病院には禁煙外来ができてそのサポートを行ったりするようになってきました。肥満防止のためのダイエット情報が広まったり、高血圧予防とするための減塩食品が店頭に並ぶようになったりと、世の中が健康志向になっていると誰もが感じるような状況が生み出されてきています。

こういった取り組みは自然発生してきたものではなく、根底には国が行ってきた取り組みがあります。健康日本21という、国民の健康に対する意識を高めるための運動が2000年以来積極的に行われてきた結果が実ってきていると言っても過言ではないでしょう。健康日本21の運動について直接知らない人が多いのが事実ですが、国家を上げてこういった取り組みが打ち上げられたことによって多くの企業や団体が影響を受けてきています。その結果として、健康や生活習慣についての報道が広く行われるようになったり、それに合わせるようにして健康志向の食品が世の中に流通するようになってきたのです。情報が容易に流通する社会であることから、そういった報道の影響を受けて人々の意識も改革され、現状の健康志向の社会が形成されることになりました。認知度こそ低くても健康日本21は着実に日本人の健康を推進しているのです。健康日本21については厚生労働省のサイトにも書かれていますが、少し分かりにくいのでこちら(http://kenkojapan21.net)のサイトを参考にされるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP