波及効果に期待して

健康日本21とは、21世紀における国民健康づくり運動と称される厚生労働省の政策の一つであり、健康増進法に基づいて国民の健康を保つために動かしている取り組みの一つです。その基本となるのは生活習慣病の予防を実現するということであり、食生活の改善や運動不足の解消、禁煙や節酒の推進といったことがその代表的な考え方として掲げられています。がんや糖尿病、循環器病などの様々な疾患のリスクファクターとなることが知られている生活習慣に根ざした問題を解決すべく、メッセージを発信するための大会を開催したり会議を実施したりすることによって啓蒙活動が行われています。

しかし、そういった活動に直接耳を傾けている人の多くは、もともと健康に関して興味関心の高い人達であるというのが実情です。健康日本21全国大会も毎年行われてきていますが、その参加者も限られていることから、誰もが参加するものではありません。高い関心を持っている人たちが積極的に参加してその枠を埋めてしまうことになるということが目に見えており、本来啓蒙されるべき人たちにはそれほど大きな影響を与えられずにあるのです。しかし、現実的な問題として、健康の推進のために生活習慣の改善を行っていくということに興味があまりない人達を、こういった場に連れ出すというのは困難でしょう。そのため、より興味関心を持っている人たちに積極的に働きかけることで、少しでも波及効果を期待するしかない状況になっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP